性器ヘルペスの治療にはバルトレックスが効きます。バルトレックスは抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑えることができます。また、単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそうにも用いられ大変効果のあるお薬となっています。

たくさんの薬とグラス
  • ホーム
  • バルトレックスのヘルペスへの効果と服用注意点

バルトレックスのヘルペスへの効果と服用注意点

薬のスプーン

バルトレックスはヘルペスウイルスによって引き起こされる症状、帯状疱疹や単純疱疹などから水痘そして性器ヘルペスの再発抑制などに用いることができる内服薬で、病院で処方してもらうことができますし、個人輸入でも購入が可能な薬です。
服用注意点としては、症状によって1日に摂取する上限量が決まっていて、それをオーバーしないように服用することが求められます。
また、症状が出たらすぐに服用を始めて5日間ほど続けても効果が得られなかった場合にはすぐに医師に診てもらうことが必要です。

バルトレックスはヘルペスウイルスのDNA複製を阻害し増殖を抑えてくれる薬ですが副作用も確認されています。
このため服用注意点をしっかり確かめて、服用中は体の変化に注意をするべきです。
これまで薬によるアレルギーが出たことが無い人でも生活や食事の内容にも気を使う必要があります。

バルトレックスを服用しているときは、水分の補給を多めにする必要があります。
そして意識低下がみられることがあるため、車の運転や機械の操作なども注意が必要になります。
服用注意点として、病気を患っている人は医師と相談して飲んでも大丈夫か確かめる必要があって、特に腎臓が悪い人や透析を行っている人は自分の判断で用いることを避けるべきです。
妊娠中や授乳中の人も注意し、他に薬やサプリメントなど毎日飲んでいるものがある人はそのことを医師に話しておくべきです。

頭痛や吐き気、嘔吐の症状やむくみ痙攣などから、発疹がでたり呼吸が苦しいだとか口内粘膜がただれるなど色んな症状が人によって出る場合があります。
少しでもいつもと違う状態があらわれたら薬が体に合わない可能性を疑い、病院で調べてもらい対処するべきです。

関連記事