性器ヘルペスの治療にはバルトレックスが効きます。バルトレックスは抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑えることができます。また、単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそうにも用いられ大変効果のあるお薬となっています。

たくさんの薬とグラス
  • ホーム
  • 紫斑病性腎炎と性病の関連と胎児性水俣病の知識

紫斑病性腎炎と性病の関連と胎児性水俣病の知識

体を守る役割を持つ免疫システムの異常により引き起こされる病気があります。
紫斑病性腎炎もそのひとつです。
紫斑病性腎炎は、紫斑病の中でも長期的に問題になることがあります。
定期的に検尿を行い観察をすることが求められます。
紫斑病に掛かるおよそ半数ほどに紫斑病性腎炎になるリスクがあります。
小児が罹る割合が多いですが、それでも成人による発症もあります。
感染源が何らかのウイルスや細菌に感染してから発症することがありますので、性病による感染も疑われます。

性病は性行為により感染する病気ですが、すべてがそうとは限りません。
たとえばカンジダ症や性器ヘルペスは性病の一種でもありますが、カンジダ症は誰でも所有しているカビの一種である真菌によって引き起こされ、口唇にできるヘルペスは性行為だけで感染するわけではありません。
正しい知識を持つことが大切です。

正しい知識といえば胎児性水俣病も同じことが言えます。
メチル水銀に汚染された魚介類を食すことで水俣病になりますが、胎児性水俣病は胎児のときに汚染される症状になります。
国によると後天性か胎児性という区別をしていませんので、正しい胎児性水俣病の患者数はわかりません。
当時は感染する病気のように認識されており、伝染病として広まりましたが、決して感染することはありませんので、しっかりとした知識を持つことが大切です。

これは性病にも同じことが言えるでしょう。
性病はしっかりとした知識を持っていることで、十分に対応することができる感染症です。
多くはコンドームの使用、そして不特定多数のパートナーと性行為をしないということで感染を予防することができます。
正しい知識を持って自身の体を守るようにしましょう。

関連記事